自力での過払い金返還請求

本来、貸金業者に対し支払う必要がない「過払い金」の返還請求は、自力で行なう方法と、法律のプロフェッショナルである司法書士や弁護士の力を借りてする方法があります。
ここではまず、自力での過払い金返還請求について解説します。

まず、多くの人が疑問に感じるのは、法律のプロがするような返還請求を、素人の自分ができるのかということです。
この点に関してですが、自力で過払い金の返還請求をすることは可能です。
ただ、デメリットが多くあることには注意が必要です。
具体的にどういう難点があるのかといいますと、過払い金の返還請求はやることが多いです。
取引履歴の取得、利息の引きなおし計算、貸金業者への過払い金請求、貸金業者との和解交渉、裁判所に対する返還請求訴訟提起、裁判を進めながらの貸金業者との和解交渉、しっかり過払い金が入金されたかの確認など、とにかくこなすべき作業が多いです。

また、なかには借金をしていること、していたことを家族に内緒にしている人もいるでしょう。
自力で過払い金の返還請求をする場合、貸金業者の郵送物が家にくるため、借金がバレてしまう恐れがあります。
そのほか、自力の場合は貸金業者に甘く見られがちです。
請求した金額より安い和解金額を提示されて折れてくれないことが多く、満足のいく結末を迎えられずに終わる人も少なくありません。

もしもこうした難点が気になる人は、司法書士や弁護士への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。
当サイトでは司法書士に依頼する場合、弁護士に依頼する場合の特徴を説明していますので、どちらに依頼するか決めるための判断材料としてお役に立てていただければ幸いです。



▽特別リンク▽
過払いの返還請求について無料で相談を受けているサイトです ・・・ 過払い 相談